rtorrent

Table of Content

cuiで動作するtorrentクライアント

EPELリポジトリの追加

epelリポジトリのインストール参照

インストール

# dnf install rtorrent

設定

$ cp /usr/share/doc/rtorrent/rtorrent.rc ./.rtorrent.rc
$ vi .rtorrent.rc
-------------------------------------------------------------------------
・取得ファイルの保存場所(downloaded)
directory.default.set = ./downloaded
・セッション情報の保存場所(session)
session.path.set = ./session
・起動後5秒経過してから5秒ごとに指定フォルダ(watch)のtorrentファイル(*.torrent)を監視
schedule2 = watch_directory,5,5,load.start=./watch/*.torrent
・起動後10秒経過してから10秒ごとにtorrentファイルが削除されたら対応するトレントを停止と削除
schedule2 = untied_directory, 10, 10, stop_untied=↲
schedule2 = untied_directory, 10, 10, close_untied=↲
schedule2 = untied_directory, 10, 10, remove_untied=↲
-------------------------------------------------------------------------
  • 動作検証のみだったので、負荷関連のコネクション数などは、未調査

起動

$ screen -S rtorrent /usr/bin/rtorrent
  • セッションを継続出来るようにscreenを使用

  • 起動後に確認しやすいようにセッションに名前を付けて起動

操作キー

終了  Ctrl-q
開始  Ctrl-s
停止  Ctrl-d
削除  Ctrl-dを2度押し
  • 上記以外のキーは、ソフトのマニュアルを参照

参考URL

GitHub – rakshasa/rtorrent: rTorrent BitTorrent client
rtorrentの使い方みたいななにか – コンピュータ技術者になるための備忘録
rTorrentのスケジュール設定はどのように機能しますか? :急流
Linux screenコマンド使い方 – Qiita

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。