vim

Table of Content

CentOSの最小構成でインストールされる「vim-minimal」は、機能縮小版で、文字の色変更ができないので、フル機能とおもわれる「vim-enhanced」をインストール

インストール

# dnf install vim-enhanced

rootでもvimを使用するように設定

# vi ~/.bashrc
-----------------------------------------------------------
alias vi='vim'
-----------------------------------------------------------

rootだけvimじゃなくてvi使わされてるのなんで?

一般ユーザ環境の設定

自分の好みの設定

$ vi ~/.vimrc
-----------------------------------------------------------
set nobackup
set noautoindent
set list
set listchars=tab:≫-,eol:↲,extends:≫,precedes:≪,nbsp:%
autocmd Colorscheme * highlight FullWidthSpace ctermbg=white
autocmd VimEnter * match FullWidthSpace / /
colorscheme murphy
let $BASH_ENV = "~/.bash_aliases"
-----------------------------------------------------------
  • バックアップファイル出力無効
    set nobackup
  • オートインデントを無効
    set noautoindent
  • タブ、半角空白、改行等の視認化
    ・ タブ(tab)
    ・ 半角空白(trail)
    ・ 改行(eol)
    ・ ウインドウの右側で幅省力時の表現(extends)
    ・ ウインドウの左側で幅省力時の表現(precedes)
    ・ 不可視のスペースの表示(nbsp)
    set list
    set listchars=tab:≫-,trail:-,eol:↲,extends:≫,precedes:≪,nbsp:%
    Vimのタブ・空白・改行文字等をlistcharsで色変更
  • 全角スペースの背景を白に変更
    autocmd Colorscheme highlight FullWidthSpace ctermbg=white
    autocmd VimEnter
    match FullWidthSpace / /
    Vim で全角スペースの強調
  • カラースキームの設定
    colorscheme murphy
  • BASH_ENVに".bash_aliases"を読み込む
    let $BASH_ENV = "~/.bash_aliases"
$ vi .bash_aliases
----------------------------------------------------------------
shopt -s expand_aliases
alias d='date +%Y/%m/%d'
alias t='date +%H:%M:%S'
alias f='date +%Y/%m/%d\ %H:%M:%S'
alias m='echo -n "#文字列";date +%H:%M'
----------------------------------------------------------------
  • シェルスクリプト内で aliasを有効化
    shopt -s expand_aliases
  • コマンドを1文字で実行できるようにalias設定
    !!<コマンド>の書式で、現在行(カーソルのある行)に上書き
    alias d=’date +%Y/%m/%d’
    alias t=’date +%H:%M:%S’
    alias f=’date +%Y/%m/%d\ %H:%M:%S’
    alias m=’echo -n "#文字列";date +%H:%M’
  • 文字列を改行を除いてセット
    echo -n "#文字列"
  • システム日付を形式を指定してセット
    date +%Y/%m/%d

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。